ダイハツムーヴ値引き

○値引き

・目標値引き額  11万円
 (車両本体)

やり方

・ワゴンRの「ワ」の字を出して戦闘モードにさせる

 ・ホンダのNワゴンも反応がいい

 ・マツダ ステラのOEM車も忘れず競合

 ・正規店とサブディーラーは必ずまわって味方同士で争わせる


スズキ ワゴンRとの同時交渉は鉄板です。なぜならワゴンRがハイト系の元祖で、
次に登場したのがこのムーヴ。

プロ野球でいうマー君と斉藤祐樹(ハンカチ王子)のように(実力差は抜きにして)昔から何かと比較される存在なので、ワゴンRと用意ドンで競争させてください。営業マンもメラメラと闘志をもって商談してくれるはずです。

他にホンダのN-WGNも入れておくのがベター。
ムーブは量販型で、数をさばかないといけないモデルですから一杯の値引き額が出やすいです。

マツダステラのOEMつながりは忘れずに作戦に組み込む。ステラは値引き額が大きくなる傾向にあります。ムーブと一緒に泳がせながら、徐々に金額を下げていきます。

同じくダイハツが相手先ブランドで供給してるトヨタのピクシススペースがありますが、
こっちを持ってきてもトヨタの腰が重く、あまり軽をガンガン売る姿勢が欠けているという声もあり、うまくいきませんでした。


車両本体価格    107万円〜160.1万円

燃費 23.4 〜 29.0km/L       

取扱いディーラー  ダイハツ店 

エコカー減税  ○


ボディサイズ 3395 × 1475  × 1620


人気グレード LSA           23.2%
       カスタムXSA 22.9%
       XSA 15.4% 


人気色  パールホワイトV        22.4%
     ブラックマイカメタリック    18.5%
     ライトローズマイカメタリック  15.8%


・メリット(良い所)

 ・走行時の安定性があり1.6m以上の軽ではトップクラス。

 ・スマートアシストが全グレードで選べる

 ・燃費性能はスズキ ワゴンRに次ぐ高水準値


・デメリット(悪い所)

 ・ひと昔前の外観を感じさせて古めかしい

 ・座り位置が底に向かってやや深く、乗り降りにやや不便を感じる人も

 ・助手席前の収納が前より小さくなった

 ・マイナーチェンジで足回りを固めたのが裏目に出て、乗り心地が硬くなり過ぎた

 ・リヤシートにもう少しふっくら感が欲しい



○おすすめグレード

X SA

性能・装備と価格を比較して、安めに設定されてるのが標準クラスのX SAです。

エアロパーツ付きでありませんが、スマアシが付いて5万円アップするだけで125万円はお得です。
昔は標準車では最高位だったので、その名残で装備は価格に対して高めです。
オートエアコン・ミラーはオートで閉まる。アルミホイールの仕様なので、見た目も良くなってます。

またぐグレードは他にもありますが、共通してスマートアシストが付くSAのグレードにしておいた方が無難です。
これの有り無しで、何年後かの乗り潰した後の売却査定の価格にちがいが出るからです。


・走行性能

全車に傾きを抑えるスタビライザーを装着。マイナーチェンジで足回りを大幅に改良を加え、固めた味わいを出ししっかりした感覚をつかめるようにしました。これだとグネグネのカーブが続く山道でも
安定した走行ができると思います。

以前はもっと柔らかで、曲がり角をコーナリングすると、車のロールが大きい、つまり右でも左でもいいですがどっちかに曲がった時に、左右の車体の傾きが大きく、ややフニャっとした印象でした。

これはセダン型であれば、走行の面白さを感じ取れますが、背が高い軽自動車だと、
横にまくれて緊張してしまう場面もあり不評の声もありました。

この声を吸い上げて、今度はブレーキの性能を上げて止まらせ方をアップ。曲がりの安定性を高めてカチッとした硬めな印象へと変化させましたが、メリットも出た分、今度はそれが強く出過ぎた感があります。

工事の舗装中で高さに違いがある道、ボコっと水たまりがあったり、凹みあがる悪環境で走らせると
グッと下から上への圧力が大きくなったように感じ、粗野な男性のような荒っぽさが増した
感じがしました。

次回には、今回の改良点はそのままにしながら、乗り心地に柔らかさや滑らかさが加わるとGOODだと思いました。


・安全装備の充実度

最近の軽自動車は各社で最新の安全装備を軽に降ろしてきてますが、その口火を切ったのはムーヴです。

衝突回避支援の自動ブレーキは上級グレードだけに足しただけの、客寄せパンダ的に出したのでなく全グレードで選択でき、しかも5万円くらいの価格のオプションで手に入るのは評価ポイントです。

しかしNワゴンと比較すると安全装備の種類は落ちるので、ここを重視して買うのなら、後ずさりしてしまうかもしれないです。ムーヴはモデル末期なので買ってしまうか・いったん待つか考えるべき点だと思います。


・他

デザインはトヨタの系列でもあり、クセやアクの強さがないオーソドックスなスタイルだと思います。
外観には何か頭に残る新鮮味はありませんが、インパネは再度作り込んだだけあり、使いやすくなりました。

スマホや小さな財布が置けるスペース、ティッシュ箱もがっちりおさまる大型の収納箱も助手席前にあり便利です。
車1円でも安く買うなら一括査定も試す


私のオデッセイを車買取の無料一括査定したら

ディーラー下取りより34万円高い最高査定額がでました
1番高い業者と低いので21万円差も

下取りに出すか買取店のどちらが得かしっかり比較を!
少しの努力で値引き10万円分以上の差も。買取業者が高い場合もアリ

かんたん査定ガイド最大10社で比較・1番高い額が出たサイトです
30秒で簡単無料ですぐわかります

→「かんたん車査定ガイド」はこちら