日産デイズ値引き

○値引き

・目標値引き額  12万円
 (車両本体)

やり方

・ekワゴンの姉妹車どちらかで買うと攻める

 ・ワゴンR、Nワゴン、ムーヴが好敵手

 ・日産のどこでも買えるので、同じエリアの系列違いを利用

 ・2万円のワクワククーポンは忘れずに使う

交渉1回目は5万程度の金額で出されることがある。さらに上乗せするにはまずは他メーカーの上のライバル達を訪問、値引かせて、日産にもけしかけていくことが大事

売れ行きも落ち着いてきたので値引きは拡大傾向にはある。

交渉の終わりの局面で、姉妹車の三菱のekワゴンも回ったことを表明し「機能はほとんど同じだから、どっちか安くしてもらった方に決めるわ」と最後に押してあげることが大切。

また現在クーポンを配布しています。店舗で購入の際にもらえるので使用する


車両本体価格    106.785万円〜156.765万円

燃費  22.6 〜 29.2km/L       

取扱いディーラー 日産全店

エコカー減税  ○

ボディサイズ 3395 × 1475 × 1280mm

人気グレード  ハイウェイスターX 25.8%
X          18.1%
ハイウェイスターG  16.9%


人気色     プレミアムパープル 24.8%
         ホワイトパール 21.1%
         ブラック      20.0%


・メリット(良い所)

 ・ハイウェイスターの外見が軽自動車っぽくなく堂々とした雰囲気でカッコいい

 ・日産のみのアラウンドビューモニターを採用

 ・インパネは質感が高い

 ・運転席のシートの座り心地が心地よい



・デメリット(悪い所)

 ・エンジンは回転域全体でパワー不足が否めない

 ・コーナリング時に車体の傾きが大きくなる

 ・走行時のタイヤが道路にぶつかる音がややうるさい

 ・バック斜めを見た時の視界がちょっと見づらい

 ・実燃費は他の方がいい、頑張ってほしい


○おすすめグレード

ハイウェイスターG

燃料代の維持費を考えるなら、自然吸気エンジンの方がいい。ターボもあるがアイドリングストップがつかず、燃費はよくない。

低いスピードの時は力が足りない感があるが、30,40キロ出てしまえばそれも気になくなる。


X

グレードごとのお得な度合いが激しい。最も安いJと次のXはアイドリングストップの有り無しだが、Xはそれだけついて5万円アップはちょっと高い気がします。

それならもう1個上げて、Xにした方がその他の装備が付くので良いです。


○ポイント

デザインはシャープなシュッとしたイケ面な顔立ちで、軽というよりコンパクトカーに近い雰囲気を
出している点、内装の上質感とシートの座り心地の良さは評価できます。

軽=ちゃちい、という先入観をいい意味でくつがえしてくれます。
ボディカラーも落ち着いた大人な色が多く、成人男性が選んでも不信感をもたれにくいと思います。
しかしそれ以外に特徴がなく、走りや安全装備については不十分さを感じ、ライバルよりその他の部分は負けている点が気になりました。

室内の広さは確かにあるのですが、それをどのようにユーザーに満足して欲しいのかが見えにくく
スズキのワゴンRの方が刺さる感じがしました。

また横滑り防止装置のVDCがハイグレードのターボでのみ設定というのは疑問に感じました。

日産の軽自動車はまだ歴史が浅く、スズキ・ダイハツの軽専業メーカーに比べると細部の作り込みではまだ差がある感じがします。


○走行性能

燃費は競争に負けまいと29.2km/Lという数値(JC08モード)を出してきましたが、その代わりにエンジンの性能を下げています。

最高出力が49ps、最大トルクは5.7kg-mで他より地味な数値です。

エンジンのキーを回し、アクセルを踏んだ時のスピードの上がり方がちょっと足らず、不満を感じました。燃費数値を上げるために、スロットル開度をおさえCVTの回転をしにくくしたり、最終減速比も低くして、アクセルへの反応が重たい印象がありました。

実燃費も差があり、NワゴンやワゴンRと比較すると大きく開きがでるケースがあります。
数値の見かけ以上に、コースを同じ内容で走行させると開きがあったという調査もありました。

乗るとアクセルを踏む力を増やしがちになるので、実燃費が伸びにくくなると思います。


○乗り心地

インテリアはグランドピアノのような高級感ある黒色を基調としながら、
触った感じや、見た目も風格があり、かなり高いレベルに仕上げられてます。

プレミアムを感じ、デザインにうるさい人も満足感を得られると思います。
小型車からダウンサイジングしても室内のイメージはすんなりついて行けると思います。


○安全装備の充実度

アラウンドビューモニターは兄弟車のekワゴンにはない機能。
日産独自のクルマをヘリコプターで上空から見下ろしたような視点で駐車をサポートする仕組み。

運転席からの視界では確認できないような障害物にぶつからないように支援してくれる。


○その他

メーターの照明は鮮やかな青で、スポーツカーのようなイメージをもたせてくれます。
夜景がきれいな場所で夜に走らせれば、外の景色とうまく調和してくれそうな印象です。
車1円でも安く買うなら一括査定も試す


私のオデッセイを車買取の無料一括査定したら

ディーラー下取りより34万円高い最高査定額がでました
1番高い業者と低いので21万円差も

下取りに出すか買取店のどちらが得かしっかり比較を!
少しの努力で値引き10万円分以上の差も。買取業者が高い場合もアリ

かんたん査定ガイド最大10社で比較・1番高い額が出たサイトです
30秒で簡単無料ですぐわかります

→「かんたん車査定ガイド」はこちら